施工管理と現場監督って何が違うの?どんな人が向いてるか

知られざる施工管理の転職基本情報!

ガテン系のイメージがある建設業界だが、現場監督=力仕事・施工管理=事務仕事と全く異なる業務内容である。

新着記事

施工管理と現場監督って何が違うの?どんな人が向いてるか

あなたは施工管理の仕事がどういう仕事内容なのか理解していますか?

現場監督と施工管理の仕事内容をはき違えていると大変なことが起きます。

自分が苦痛を感じるだけではなく、会社にも迷惑をかけてしまうでしょう。

同じ建設業界でも仕事内容は異なります。

転職活動をする前にしっかり確認しましょう。

■現場監督=力仕事

建設業界を聞くと工事をする姿や建物を作る様子をイメージしますよね。

現場監督の仕事はまさに力仕事です。

現場に立って作業員に指示を出したり自ら動いて作業をしたりします。

天気に左右されやすい仕事で雨風が強い日は業務を休むことがあります。

しかし、晴れや曇りの日は送れた分も作業をするため、残業が多い職業でもあります。

■施工管理=事務仕事

建設業界にデスクワークはないと思っている方も多いと思いますが、ちゃんとあります。

施工管理が建設や工事に関する書類を作ったり役所へ提出したりするのです。

力仕事ではないため筋肉に自信がない男性や女性でも仕事が出来ます。

しかし、勤務時間中はずっと事務所にいるわけではありません。

役所へ書類を出しに行ったり現場で作業員と話し合いをしたりクライアントと打ち合わせをしたりします。

さまざまな場所へ行かなければいけないので、体力が必要な仕事です。

■仕事内容を確認してから転職活動をしよう

建設業界と言っても力仕事ばかりではありません。

施工管理のように事務系の仕事もあるのです。

「建設業界に興味があるけど力仕事が出来るか不安」という方は施工管理の仕事へ転職がオススメです。

未経験でも仕事をすることが出来るので、求人ページだけでも覗いてみてください。