施工管理へ転職しても出来るか不安。向いている人は?

知られざる施工管理の転職基本情報!

施工管理はコミュニケーション能力と体力があり頭の回転が速い人に向いているので転職の際は自分に向いているか考えると良い。

新着記事

施工管理へ転職しても出来るか不安。向いている人は?

施工管理に限らず仕事には人によって向き不向きがあります。

力仕事が得意な人にデスクワークである施工管理をやらせても上手くいく確率が低いでしょう。

施工管理へ転職希望をしているあなたは施工管理の仕事に向いていると思いますか?

施工管理に向いている人の特徴を2つお伝えします。

■向いている人の特徴①…コミュニケーション能力がある

施工管理の仕事はただイスに座って書類を作っているだけではありません。

同じ施工管理の仕事をする人と会議、現場の職人や作業員との話し合い、クライアントとの打ち合わせなど話をする機械があります。

時には物事を説明したり会議の進行役をしたりしなければいけません。

コミュニケーション能力が必要ですが、他にもリーダーシップやわかりやすく伝える力も必要になります。

■向いている人の特徴②…頭の回転が速い

施工管理の仕事は書類作成、予算の提案など頭を使う場面がたくさんあります。

また、人手不足により1人で複数の仕事を掛け持ちしなくてはいけません。

書類を作成する頭脳、予算を提案する計算力、複数の仕事をこなせるマルチタスクが出来る能力が必要になります。

施工管理の仕事は要領が良く頭の回転が速い人に向いた職業です。

■デスクワークだが体力があると良し

事務的な仕事が多い施工管理ですが、上記の2点に加え体力もあると尚良いです。

施工管理は事務仕事ですが、時には役所に行き書類を提出したり現場へ行き作業員と打ち合わせをしたりします。

さらに、残業がつきものなので体力がないとすぐに辞めてしまうでしょう。

自分が施工管理に向いているのか、今一度考えてみてください。